仮想通貨ネタ

5G時代はトークンエコノミーの時代!仮想通貨の未来を読む。

最近、5Gという言葉を聞く機会が増えました。

2020年のサービス提供開始が目指されている、新たな通信規格です。

5GはIoT(Internet of Things)とも相性が良く、世の中のあり方を大きく変えるきっかけになりそうです。

そしてこの5G×IoT、トークンエコノミー、仮想通貨とも非常に関連性が高いと考えています。

当記事では、5Gがもたらすトークンエコノミー、仮想通貨の未来について考察します。

【関連記事】トークンエコノミーについて

トークンエコノミーのメリットを簡単に解説!仮想通貨で話題!仮想通貨は「投機」的な視点で注目を浴びていましたが、今後仮想通貨市場が拡大するためには「実需」を伴う盛り上がりが必須です。 「実需...

 

5G ×IoT×トークンエコノミーが面白い

「5G×IoT×トークンエコノミー」の未来を考えてみましょう。

そもそも5Gとは?IoTとは?という観点を踏まえた上で、その世界で起こりうることをご紹介します。

そもそも5G とは

5G(第5世代移動通信システムとは、次世代の無線通信システムです。

現在スマホユーザーの多くが使用している4Gに代わる新たな通信規格を指します。

キーワードは「高速大容量」「多接続」「低遅延」です。

ドコモやKDDI、ソフトバンクなどの大手通信会社が積極的に進めており、最近では楽天の参入も発表されています。

ドコモは2020年のサービス提供開始をめざして、第5世代移動通信システムである「5G」の研究開発に取り組んでいます。2020年代の情報社会では、移動通信のトラフィック量は2010年と比較して、1000倍以上に増大すると予測されています。「5G」はこのような増大するトラフィックに応えるネットワークシステムの大容量化を、低コスト・低消費電力で実現することを目標としています。さらに、10Gbpsを超えるような超高速通信やさらなる低遅延化、IoT/IoEの普及等に伴う多数の端末との接続への対応といった幅広い性能を考慮した研究開発を進めています。

NTTdocomo公式サイトより抜粋)

つまり、リアルタイムに速い低コストな通信が可能になるのです。

もう少し具体的に説明すると、少なくとも「動画をダウンロードする」という感覚は無くなるでしょう。

現在の4Gになる前、3G時代には画像ひとつ読み込むのに時間がかかっていたことを覚えていますでしょうか。それが4Gになってからは、画像であれば瞬時に表示できるようになりました。

5Gでは、これ以上の変化が期待されており、映画1本程度であれば数秒もあればダウンロードできると言われています。

また、低コストかつ多数のアクセスに耐えられるシステムであるため、「通信制限」の概念も無くなると言われています。今は通信量(通称ギガ)の概念がありますので、みなさんギガの節約で、外出先では極力動画ダウンロードなどは避けますよね。こういった通信量を意識した使用方法は5Gにより一掃されるでしょう。

5Gの弱点として、カバー範囲の狭さがあります。狭い範囲で使用できる周波数であるため、多数の基地設置が必要であり、インフラの整備に時間がかかりそうです。2020年には都心部では整備されていると思われますが、山間部などでは4Gが残ると思われます。なお、5Gが全国に普及すれば、wifiですら不要になるとも言われています(すべて5Gでカバーできるため)

 

5Gの普及により、これまでは容量の問題で避けられていた大容量サービスも普及すると考えられます。この後紹介するIoTと合わせ、世の中の流れは変わっていきそうです。

 

そもそもIoTとは

IoTとは、Internet of Things、言葉のとおり、モノのインターネットです。

様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。それによるデジタル社会の実現も指す。現在の市場価値は800億ドルと予測されている。経済産業省が推進するコネクテッドインダストリーズやソサエティー5.0との関連でも注目を集めている。

Wikipediaより)

あらゆるモノがインターネットのように繋がります。

分かりやすい例でいうと、「スマート家電」が分かりやすいでしょう。

「モノ」であった家電がインターネットとつながることにより、スマホひとつで家中の家電を操作することが出来るようになりました。

こうした動きが、あらゆる分野で研究されています。

最新テクノロジーの代表例として語られる自動者の「自動運転」もIoTの一種です。インターネットとつながることにより、各車の走行状況のデータが蓄積され、AIによって分析・解析することで自動運転が実現されます。(厳密にはIoT×AIといったところでしょうか)

 

5G 時代に起こること

動画コンテンツの台頭

こちらはわかりやすいですね。

5Gによって通信量を気にする必要が無くなりますので、動画コンテンツは伸びていくと思われます。外出先でスマホで長時間動画を見る、ということは通信量を意識すると難しいところがありましたが、5G時代にはそのような心配はいりません。

気兼ねなく高画質動画の再生ができますね。

このような流れを見据えてか、インフルエンサーと呼ばれるブロガーの多くがYouTubeに参入し始めています。

「動画」をいかに抑えるかが5G時代のポイントとなりそうです。

あらたな体験の創出

リアルタイムに、大容量のデータ処理が可能になりますので、これまでは実現が不可能であったサービスの誕生が期待されます。

たとえば、スポーツ観戦やアーティストのライブなどです。

これまでオーロラビジョンの映像に映し出されていたものが、手元のスマホに生配信されるなんてこともあるかもしれません。

(NANJCOIN押しの筆者としては、この辺は妄想がとまりませんが、それはまた追々・・・)

 

あらゆるサービスのインターネット化

IoTは先ほど触れたスマート家電や自動運転のほかにも、医療や農業、工場など、既に様々な分野に導入されています。

「スマートシティ」と呼ばれる街のIoT化では、駐車場の空き情報を管理するシステム、ゴミ箱の蓄積状況を管理するシステム、トイレの空き状況がわかるIoTトイレなど、多数の導入実績を持ちます。

今の通信環境ですらこれだけの普及を見せているのですから、5Gにより通信のハードルが下がれば、今後このIoT化の流れはさらに加速するでしょう。

 

トークンエコノミーと仮想通貨の未来

ここまで述べてきたとおり、5GとIoTにより、あらゆる「モノ」はインターネットとつながっていきます

そんな時代に、「お金」だけが今のままであるとは考えにくいですよね。

実際に決済手段の電子化は急速に発展しており、政府も推奨しています。

あとはこれが単なる「電子化」にとどまるのか、「仮想通貨」として普及していくのか、といったところでしょうか。

筆者は、将来、仮想通貨が使用されるトークンエコノミーの時代が来ると考えています。

このIoT、モノのインターネットは言い換えると、それぞれの「モノ」をとりまく経済圏が誕生していくと言えます。

医療分野に誕生する医療経済圏、農業分野に誕生する農業経済圏、スポーツ分野に誕生するスポーツ経済圏・・・・・などなど

また、5Gにより動画コンテンツを中心に個人が情報発信する機会も増えていきます。そういった意味では、「個人」をとりまく経済圏の誕生も予想されますね。

 

こうした多種多様な経済圏が誕生する世の中で、「単なる法定通貨の電子版」では不十分でしょう。法定通貨の電子化では結局のところ国境の壁が存在し、効率的な経済活動が実現できるとは言えません。

国境に縛られることなく、各経済圏が最も効率的に発展することができる通貨、トークンの存在が必要不可欠です。そしてこのトークンの役割は、仮想通貨が担うことになるのではないでしょうか。

実際に昨今の仮想通貨は、特定の分野に特化したトークンエコノミー型の仮想通貨プロジェクトが国内外問わず多数存在します。

このトークンエコノミーこそ、仮想通貨が今後実需を伴って成長するためのポイントだと信じ、筆者は引き続きトークンエコノミー、仮想通貨を応援していきます。