銀行について

銀行本部の仕事!経営企画って何やってんの?

銀行の仕事内容について検索すると、支店や融資、審査などわんさか出てきますよね。

でも意外と少ないと思うのが、銀行本部の業務について。
私は銀行員ですが、キャリアの多くを本部で過ごしている珍しいタイプです。せっかくなのでここでは本部の仕事をご紹介します。

あくまで一例ですが、就活、転職、キャリアアップのご参考にどうぞ。

私はシステム企画部署、経営企画部署を経験しましたが、ここでは経営企画についてご紹介します。

銀行本部の仕事!経営企画って何やってんの?

経営企画ってどんな仕事してるの?

・中期経営計画の策定(収益計画)
・他金融機関との意見交換
・広く遍く情報収支、その活用策の検討

などなどです。

私の場合、法人事業を統括する部署にいましたので、営業担当者の評価体系の見直し、収益状況の確認や、法人向け新商品の検討などを行なっていました。

残業は多いです・・・(平均すると8時出社、21時退社ってところでしょうか)

銀行本部着任前とのギャップ

本部はただの何でも屋だ!

銀行本部=エリート、ってイメージありませんか?

エリートたちがビルの高いフロアで優雅に仕事をする、そんなイメージです。

でもその業務の実態は、泥臭い、ただの何でも屋さんなんです。

それぞれの部署で判断できないことが最後に集まってくる、それが本部です。
本部が判断を諦めてしまうと、もうその先に判断できる人っていないんですよね。
つまり、やるしかない。

誰もできない、誰もやらないことを必死に拾い続ける、実は本部は泥臭いんです。
(優秀な人は多いですけどね)

実は外出が多い!

本部といえば、オフィスにこもって資料とにらめっこ・・実はそんなことはありません。

私のいた経営企画では、情報収集も非常に重要なミッションです。(新しい情報に触れないで、中期経営計画なんて考えられませんからね)

そうなると、外に足を運ぶしかありません。
他金融機関との意見交換や、営業担当者と同行してお客さんの生の声を聞くこともあります。

システム会社、広告代理店、新聞社、自分の必要とする情報に応じて様々な業界にアポをとることもできます。(自分の判断で!)

銀行本部の働きがい・楽しさ

役員をコントロール!

役員はなかなか、現場に出向くことはありません。そうなると、現場の実態を伝えるのは誰か?
そう、本部にいる我々です。

役員は我々から受け取る情報を元に経営判断を下していくことになります。

つまり、自分の伝え方次第で会社の方針が変わっていきます。

例えば、「仮想通貨」について役員にインプットするとしましょう。
これを役員に伝える時に、将来性をアピールしながら伝えるのか、その危険性を全面に出して伝えるのか、伝え方によって役員の受け止め方、その後の動きは変わっていくでしょう。

自分の得た情報、伝えた情報を元に会社が動いていく、これはなかなか気持ちいいです。

人脈が広がる

ギャップにお出かけが多い!と書きましたが、結果として様々な業界と接点を持つことができます。

「営業と顧客」以外の関係性も多く築けるので、その後のキャリアの役にもたちそうです。

銀行本部で働く辛さ

出世競争

経営企画のような本部には、いわゆる「エリート」が多いです。(もしくは営業部で使い物にならない方々・・)

上の意見は絶対、ライバルを蹴落とす、そんなエリート文化の中で仕事をするのは息苦しいです。

部下は無視、上の人間ばかり見ている「ヒラメ」と呼ばれる管理職がいました。(目が上についてるからです笑)

役員が近すぎる

本部は役員との距離がとにかく近いです。
出社した瞬間、呼び出されるなんてこともしばしば・・

直属の役員がパ○ハラ系だったら絶望です。
(うちの銀行の偉い人達は、パワ○ラ系が多い印象です・・偉くなるためには手段は選ばないってことですかね)

内向きの仕事が多い

上司に説明するための資料作成
部長に説明するまめの資料作成
役員に説明するための資料作成
社長に説明するための資料作成

偉い人ほど報告を受けることも多いです。
1つの案件について伝える情報量は必要最小限に収めることが求められます。

その結果何が起きるか。伝える相手が変わる都度、資料を修正する必要が出てくるんですね。伝えたい内容は同じなのに。なんとも非効率です。

こういった上への忖度が原因の、内向きの仕事は多数存在します。

最後に

大きな仕事も多くやりがいはありますが、とにかく組織が古い!内向き!
それが私の在籍する経営企画部です。

出世には有利かもそれませんが、希望して行く部署ではない、というのが個人的な感想です。