銀行について

現役銀行員が語る!銀行就職の5つのメリット

マイナス金利政策やフィンテックの台頭など、逆風の環境が続く銀行。

最近では就職先としての人気も低下しています。

 

それでも、銀行への就職はいまだ根強い人気を誇りますが、銀行就職のメリットは何なのでしょうか。

 

現役銀行員が、自分の経験を元に語ります。

 

現役銀行員が語る!銀行就職の5つのメリット

社会的信用度が高い

多くの方がイメージする銀行のイメージは、「堅い」「真面目」といったところでしょうか。

また、安定した収入が見込めるのも特徴の1つです。

 

それだけに、社会的に信用されやすいのはメリットでしょう。

 

家を借りるとき、ローンを組むときなど、「銀行員」の肩書きがあればケチがつくことはまずありません。

 

銀行を退職して独立したフリーランスの方などで、「元銀行員」という肩書きを使用する人も多いですよね。

これも「銀行員」の肩書きを使うと信頼されやすいということの表れですね。

 

金融リテラシーの向上

銀行員は金融業です。

いやでも金融知識は身につきます。

資格はいくつも取得させられますし、日経新聞の購読も必須です。

資格を全く持っていない、日経新聞の話題についていけない、というのは銀行員ではあり得ません。

世の中で上手く生きていくには金融知識は必須となってきてますので、いやでも金融リテラシーが向上するというのは、メリットと言えるでしょう。

 

豊富な社会経験

銀行員の仕事が最も楽しいのはここでしょう。

 

法人営業であれば、企業の社長や経営層と接触する機会も多いです。そういった方々の話を聞けるというのは、貴重な機会です。

 

個人営業であっても、資産を持ったお客さんとお話する機会もあるでしょう。

 

また、企画系の部署であっても、「銀行」の看板を持っていることで、多種多様な人に会うことが出来ます。個人では絶対に参加できないような大企業主催のセミナーにも、VIPとして参加出来てしまうことも・・

 

「銀行」の看板を持つことで多くの人と簡単に接触でき、個人では決して経験できない体験を得ることができます。

 

福利厚生の充実

大半の銀行は、福利厚生は非常に充実しています。

寮や社宅の完備や、家賃補助など、特に住宅の手当は手厚いです。

銀行員は入行数年は給料が上がりにくい事実もありますが、実はこういった福利厚生が充実しているため、初任給でもそこそこお金に余裕はあったりします。

 

安定した休日

銀行の休日は暦のとおりです。

2019年のようにゴールデンウイークは10連休だ、ということになれば銀行もしっかり10連休になります。

銀行の休日は銀行法でしっかり定められてますので、休日が安定しているのは安心ですね。

なお、休日出勤はゼロではありませんが、休日出勤の代わりに振替休日が取得できる場合がほとんどです。

銀行は堅い業界なので、労務管理もきっちりされていることが多く、サービス残業も無いという銀行員がほとんどです。

 

銀行就職はおすすめか?

上記だけをご覧いただくと、銀行もそこそこ良い環境に思えるのではないでしょうか。

とくに、若手のうちから企業の経営層や個人の富裕層と接触できるのは社会勉強としては最適です。

まだ自分のやりたい事が分からない、という就活生にとっては選択肢に入れても良いと思います。

豊富な社会経験を積んで、銀行員の肩書きを手に入れて、その後独立、転職というのもキャリアとしては「アリ」ですね。

しかし、当然銀行就職にはデメリットもあります。

銀行は合わない人にとってはとことん辛い環境ですので、デメリットもしっかり理解した上で選考に申し込みましょう。

現役銀行員が語る!銀行就職の5つのデメリット

現役銀行員が語る!銀行就職の5つのデメリット「真面目で高給」そんなイメージからか、就職人気ランキング上位の常連であった銀行。 最近はマイナス金利やテクノロジーの発展で銀行の先...