オピニオン

ブログはオワコン?不安?テキストにもメリットはありますよ。

5G時代だ!動画の時代だ!

ブログはオワコンだ!

そんな煽りを目にすることが増えました。

動画の時代が来るのはその通りだと思いますが、それイコール「ブログの終わり」ではありません。

「ブログオワコン」煽りに不安を感じている人が少しでも自信を持ってブログに取り組めるよう、ブログが終わらない理由をまとめます。

 

「ブログはオワコン」その煽りの根拠は?

まずは「ブログはオワコン」とする人達の根拠を考えてみましょう。

よく言われるのは

5G通信で大容量通信が可能になり、動画の視聴がより手軽なものになる。

といった点ですね。

 

この意見、全く間違ってはいません。

ただし、それが「ブログオワコン」に直結するわけではないです。

 

動画の時代が来るからブログはオワコン?

動画とブログの関係性

「ブログはオワコン」議論を見ていて疑問に思うのが、動画がブログの上位互換として語られている点です。

〈よく言われる動画の特徴〉
・視覚、聴覚に働きかけることができ、情報量が多い
・視聴者の滞在時間が長い(より長く見てもらえる)

動画の方が素晴らしいのは言うまでも無いのですが、その特徴を持たないブログはオワコンなのでしょうか?

特徴を持たないから、ブログは動画の劣化版なのでしょうか。

むしろ、この特徴を持たないからこそ生まれるメリットもあるはずです。

ブログのメリット

手軽さ、早さ

ブログのメリットは、その手軽さです。

「動画は情報量が多い!」というのがブログオワコン派の意見ですが、必ずしも情報の受け手は情報量を求めてはいません。

また、動画は長い時間見てもらえる!というのも動画の売りですが、受け手にとっては、長時間拘束されているということです。

情報を探す際、シンプルな答えを探していることも多いはず。

そういった際には、文字でサラッと読めるブログの方が適しているでしょう。

主体的に読める

また、ブログ(というよりもテキストコンテンツ)は読者が主体的に読めるのもメリットです。

例えば、テキストであれば「斜め読み」など、全体をザッと目を通すことも可能です。

また、同じ箇所を何度も繰り返し読むなど、読者の自由がききやすいです。

動画にも倍速やスキップ機能はあるものの、テキストほどの自由はきかず、基本的には動画のペースに合わせることになります。

だからこそ、動画の方が視聴時間が長くなる傾向もあるのでしょう。

 

ここまでの動画のメリット、ブログのメリットを踏まえると、それぞれ適しているのは以下のようなケースではないでしょうか。

・動画は深く理解したい場合
・ブログは手軽に調べ物をしたい場合

 

ブログは時代に合わない?

5Gに通信規格が変わることで、動画中心になり、ブログは読まれなくなる、と言われることがあります。

これは半分正解で半分間違いです。

5G通信により、動画がこれまで以上に活発化するのはもう確定路線でしょう。

一方で、だからといってブログ(テキストコンテンツ)のシェアが縮小するというのは間違いです。

自動運転など技術の発展で、ブログも動画もどちらも伸びていくはずです。

 

5G通信によりIot(モノのインターネット)が進み、自動運転もさらに進歩すると言われています。

自動運転が発達することで、現在「車」は移動の空間ですが、それが生活空間に変化します。

つまり、車での移動時間が自由時間になるのですね。

 

自由時間が増えると、世の中の検索ボリュームは増えるはずです。

検索結果を動画とブログで分け合う形になるにしても、そもそもの母数が増えているので、十分な検索流入は見込めるでしょう。

 

結論

ブログは終わりません。

動画の台頭で現在のシェアから多少なりとも奪われるにしても、それは受け手の目的に応じて使い分けられるだけです。

これはテレビや映画が生まれても書籍が無くなっていないことから明白ですね。

インフルエンサーなどの大きな声に惑わされていてはいけません。

どっしり構えて、まずは自分のメディアを成長させましょう!