仮想通貨ネタ

仮想通貨はオワコン?今後は明るい?

仮想通貨はオワコン

2018年の仮想通貨暴落以降、よく聞くフレーズですね。

本当にそうでしょうか?

むしろ仮想通貨界隈が本当に面白くなるのはこれからだと思ってます

というよりも、トークンエコノミーが本格的に来ると思ってます。

当記事では、仮想通貨がオワコンではないと考える理由、これから盛り上がると期待する根拠を書き連ねます。

仮想通貨は種まきのフェーズ

そもそも、2017年までの相場が異常でした。

ビットコインですら「使い道」は少なく、多くの仮想通貨は実際に使える機会はほとんどありません。

それにもかかわらず、あれだけの盛り上がりを見せたのは異常だったと言えるでしょう。

少し立派なホワイトペーパーさえ用意すれば大金が集まる、今思えば考えられない熱狂っぷりでした。

多くの仮想通貨は現在進行形で開発・提携・マーケティングなどが進められています。

本来、今は種まきの段階で、盛り上がるには早すぎたのです。

この種が開花する時、仮想通貨の本当の「実需」が生まれ、第二次仮想通貨ブームが来ます。

この第二次仮想通貨ブームは、2017年の投機熱によるブームとは異なり、実需を伴ったブームなので、市場は大きく拡大するはずです。

〈期待する未来の例〉
・イーサリアムのスマートコントラクトを利用したDappsの普及
・リップルが銀行間の国際送金に本格採用される
・トークンエコノミーの熟成

トークンエコノミープロジェクトの誕生

仮想通貨はこれまで、「改ざんができない」「送金が速い」など、通貨としての機能に注目されていました。

それがこの2018年頃から、「通貨の機能」よりも「通貨の使い道」に着目するプロジェクトが多数誕生しています。

例えば、国産コインではNANJCOINが有名ですね。

NANJCOINは「仮想通貨」としては単なるイーサリアムトークンなのですが、スポーツをターゲット市場と設定し、その利用環境を整備することでNANJ経済圏を発展させます。

従来の仮想通貨(ビットコインなど)
「通貨の機能」を売りにし、非中央集権的に運用トークンエコノミー(NANJCOINなど)
「通貨の使い道」を売りにし、中央集権的に運用

「実需」を呼び込むという意味では、このトークンエコノミー型のプロジェクトの方が使い道を売りにしている分、強いでしょう。

このトークンエコノミープロジェクトが2018年に多数誕生し、まさに現在進行形で動いている最中です。

トークンエコノミーがが世の中に影響を与えるようになってくると、仮想通貨やトークンエコノミーへの注目は高まるでしょう。

ルールも整備中

日本国内では金融庁の規制、世界的にも仮想通貨規制の報道は途絶えることがありません。

ルールが追いつかない間に仮想通貨の投機熱が広がってしまったので、詐欺や盗難が相次いでますので、この規制の連続は仕方ないですね。

ただ、注目したいのは「禁止」ではなく「規制」である点です。

国家が仮想通貨を無くしたいなら、規制という形で一生懸命ルールを整備する必要などなく、単に禁止してしまえば良いのです。

なぜ禁止しないのか。

それは世界も仮想通貨(ブロックチェーン)の可能性に期待してるからに他なりません。

今は不十分なルールが整備され、仮想通貨が政府も堂々と認めるものになったとき、今まで仮想通貨を怖がって触らなかった層も参入してくるはずです。

きっと次の波は来る

各プロジェクトの撒いた種が花開き、トークンエコノミーの概念に世の中が慣れて来る頃、仮想通貨へのルール整備もひと段落しているのではないでしょうか。

その時には投機ではなく実需に基づく資金が流入してくるはずなのです。

この時こそ、本当の仮想通貨元年トークンエコノミー元年と呼べるのではないでしょうか。

そしてその未来はそう遠くない先に待ってると信じてます!