仮想通貨ネタ

国産仮想通貨に投資する3つのメリット/3つのデメリット

仮想通貨相場、元気ないですよね。

2019年3月現在、ビットコインチャートは40万円台、まさに冬の時代となっています。

 

そんな仮想通貨ですが、筆者は特に国産仮想通貨プロジェクトを応援しています。

NANJCOINSKILLCOINTrueNewsについては力を入れて応援しており、当ブログでもしばしば記事を提供させていただいています。

 

しかしこれらのプロジェクトも発足当初の勢いは衰えている印象です。

そのような状況を見かねてか、離れていく投資家(投機家)や荒れるコミュニティが目に付くこともあります。

 

もう国産仮想通貨から離れたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

当記事では、あらためて国産仮想通貨に投資するメリット・デメリットを整理します。

今後の投資先を考える手助けになれば幸いです。

 

国産仮想通貨に投資するメリット/デメリット

国産仮想通貨に投資するメリット

国産仮想通貨に投資するメリットは3つです。

・プロダクトのメリットを直接享受できる
・1次情報を入手できる
・日本の法規制に準拠しており安心できる

 

プロダクトのメリットを直接享受できる

国産仮想通貨は多くの場合、日本人をメインユーザーに設定しています。

例えば、NANJCOINは日本のスポーツを支援しており、SKILLCOINは日本の人材市場をターゲットにしています。また、TrueNewsは日本語でのアプリケーション開発を進めています。

 

こういったプロダクトに直接触れることが出来るのは、大きなメリットです。

 

プロジェクトを肌で感じることができ、世の中の反応もリアルタイムで実感できます。

もちろん、プロダクトに触れることが出来なくても投資は成立するのですが、やはり実際に肌で実感できるのは強いです。

そして何より、自分が使用できるプロダクトを作っているプロジェクトを応援するのは楽しいですよね。

1次情報を入手できる

日本のプロジェクトなので、日本語での情報発信が主になります。

海外のプロジェクトは日本語で情報発信されることはほとんどありません。

日本のプロジェクトであれば言葉の壁がないのはもちろん、情報発信も日本人向けに行われますので、情報収集にかかる負担が極めて小さくなります。

 

日本の法規制に準拠しており安心できる

国産仮想通貨プロジェクトは多くの場合、日本人をターゲットにしており、日本の仮想通貨取引所への上場を目指しています。

日本をターゲットにしている以上、日本の法規制に準拠してプロジェクトを進める必要があります。

海外では、日本の規制にひっかかり、突然日本人が締め出されるリスクが存在します。

国産仮想通貨であれば、そのようなリスクは小さいです。

安心して応援することが出来ますね。

※しっかり日本の法令を意識している海外プロジェクトも存在しますし、法令無視の国産仮想通貨も存在します。運営の法令順守のスタンスはしっかり確認しましょう。

 

国産仮想通貨に投資するデメリット

国産仮想通貨に投資するデメリットは3つです。

・日本の法整備が進むまで進展が期待できない
・ガラパゴス化する危険性
・世界のプロジェクトに後れをとる危険性

 

日本の法整備が進むまで進展が期待できない

2019年3月現在、日本の法規制は整備中です。

法令が明確でないため、何が法令違反となるのかが分からず、国産プロジェクトも大きく動くことができずにいます。

少しずつルールの整備は進んでいますが、少なくともルールの方針が明確になるまではダイナミックなプロジェクトの進展は期待できません。

 

ガラパゴス化する危険性

国産プロジェクトが日本の法規制の前で足踏みしている間に、海外のプロジェクトは着々と実用化・普及に向けて前進しています。

一方で、日本はあの超大手取引所バイナンスを追い出してしまったほどですから、海外プロジェクトが日本に普及することは容易ではありません。

 

この先に待ち受けているのは、日本で使用されるのは日本の法規制を遵守している国産プロジェクトだけ、ということになる可能性があります。

 

非中央集権的でボーダーレスを実現できる仮想通貨がガラパゴス化しては元も子もありません。

 

世界のプロジェクトに後れをとる危険性

先述のとおり、国産プロジェクトは法整備の前に足踏みしています。

この間も、世界のプロジェクトは着々と進んでいます。

海外プロジェクトに圧倒的に差をつけられてしまった場合、もはや国産仮想通貨を使う必要はなくなってしまうでしょう。

 

まとめ

国産仮想通貨に投資するメリットは、日本人だからこそ得られる利益が多いです。

そういう意味では、海外の投資家が現状日本の仮想通貨プロジェクトに投資するメリットはほとんど無いと言えるでしょう。

デメリットについては法規制が原因であるものがほとんどです。

法整備さえ進めば、これらのデメリットは解消されますね。

 

早急に法整備を進めてもらい、国産仮想通貨の進展に期待したいです。