仮想通貨ネタ

【国産仮想通貨】仕込むなら今!?期待の国産コイン!

日本国内の仮想通貨は規制に次ぐ規制で、勢いが失われているのが正直なところ。

でもそんな現状でも、日々新しい仮想通貨プロジェクトが生まれていることをご存知でしょうか。

知名度はまだまだ低いですが、日本をターゲットにした国産仮想通貨も存在します。

ここでは2018年に誕生した、期待の仮想通貨プロジェクトを5つ!ご紹介します!

NANJCOIN(NANJ)

※詳細記事はこちら
コンセプト

スポーツ業界に特化した仮想通貨です。
スポーツビジネスに新たな概念を創り出します。
公式WEBサイト↓
https://nanjcoin.com/

現状

国産仮想通貨が好きな人で、知らない人はいないでしょう。順調に知名度を向上させ、プロジェクトを進めています。
既にSDK(ソフトウェア開発キット)、web APIも提供されており、NANJ経済圏構築に向けて着々と進んでいます。
最近話題のeスポーツとコラボしていることでも有名です。

価格

2018年9月現在、1NANJ=0.05円〜0.07円辺りで推移しています。

購入できる取引所

国内ではまだ購入できません。
海外取引所(MIDEXやcoinexchange等)にて購入可能です。
※ロードマップによると、2019年3月までに国内取引所上場とのこと!!

TrueNews(torue)

※詳細記事はこちら
コンセプト

新たなメディアを構築します。
真偽判定システムをブロックチェーンと絡めることで、フェイクニュースを排除します。
ネットニュースのスピード感と、新聞テレビの正確性のいいとこ取り、といったイメージでしょうか。
公式WEBサイト↓
https://www.tn-crypto.com/

現状

TrueNewsシステム構築中です。
WEBサイト上ではα版も公開されており、プロジェクトが進んでいることが示されています。新聞社からの取材申し込みを受けるなど、関係各所からの関心も集めています。
なお、2019年1月にはTrueNewsアプリが公開予定です!

価格

現在、上場前につき購入できません。

購入できる取引所
2018年冬、海外取引所に上場予定です。

SKILLCOIN(SKILL)

※詳細記事はこちら
コンセプト

人材市場に変革を」がキャッチフレーズ。
ブロックチェーン上に職務経歴や経験を記録し、人材市場を活性化、効率化させます。
公式WEBサイト↓
https://skillcoin.foundation/

現状

サービス開発、企業との業務提携を進めています。SKILLの仕組みについて特許も出願中です。
「働き方」については日本にとっての課題です。複数のメディアで紹介されており、注目の高さが分かりますね。

価格

2018年9月現在、1SKILL=0.01円前後で推移しています。

購入できる取引所

国内ではまだ購入できません。
海外取引所(stocksexchangeやcoinexchange等)にて購入可能です。

YUKI

コンセプト

北海道を中心に据えた仮想通貨プロジェクトです。北海道の第一次産業や地域活性化を目的にしています。
生産者情報などをブロックチェーン上に記録することで、「食」をはじめとした消費物の安全性を確保するなど、ブロックチェーンならではの開発も進めています。
公式WEBサイト↓
https://yukicoin.jp/

現状

企業との業務提携が順調に発表されています。
オリジナルブランド牛の飼育も開始しており、他のプロジェクトよりも地に足のついた運営が印象的です。

価格

2018年9月現在、1YUKI=0.01円前後で推移しています。

購入できる取引所
国内ではまだ購入できません。
海外取引所coinexchangeでのみ購入可能です。

CryptoHarbor(CHE)

コンセプト

最大の目標は仮想通貨取引所の設立です。
分散型取引所(DEX)を目指しています。
公式WEBサイト↓
http://crypto-harbor.info/

現状

まずはマルタでの取引所設立に向けて手続きを進めているようです。
取引所設立だけでは、完成までホルダーを退屈させると思ったのか、投げ銭機能の充実やロードレースへの協賛など、積極的に動いている印象です。

価格

2018年9月現在、0.02円〜0.03円で推移しています。

購入できる取引所

国内ではまだ購入できません。
海外取引所(stocksexchangeやcoinexchange等)にて購入可能です。

最後に

現在、仮想通貨はネガティブな印象を持たれがちですが、私は仮想通貨は世の中に浸透していくと思っています。
それは金融庁をはじめ各所の動きを見ていてそう思います。
「規制」はされても「禁止」はされません。皆、どうすれば安全に仮想通貨を取り扱えるかを考えているのです。

今回紹介した仮想通貨プロジェクトは、逆風の中でも着実にプロジェクトを進めています。
日本が仮想通貨の制度をうまく整備できたとき、これらのプロジェクトはどうなるか・・楽しみですね!