銀行について

FITって知ってる?日本最大の金融ITフェア!

この記事は・・・
金融の未来について考える金融機関職員向けの記事です!
この記事の内容・・
金融×ITの日本最大のイベントFITについてご紹介!

昨今の技術の進歩を受けて、銀行や金融機関の未来に不安を感じている方は多いと思います。

その一方で、金融機関はしっかりと前を向きITとの融合を進めています。それがひしひしと実感できるイベント、それがFIT(金融国際情報技術展)です!

FIT(金融国際情報技術展)とは?

日本金融通信社が年に一度主催する、「金融機関のためのITフェア」です。

2018年度においては、160社以上のIT系企業が金融実務に即したソリューションを提案するために出展します。

2000年に誕生した金融国際情報技術展は、金融機関関係者の商談、情報交換の場として活用されています。

また、これと同時に、RPAやAIなどのフィンテックについてのセミナーが多数開催されます。(講師は内容に応じて、金融機関関係者やフィンテック企業関係者です)

開催場所、時期、参加方法は?

毎年、東京にて開催されます。

2018年度(FIT2018)においては、10月25日26日(木、金)の2日間に開催されます。

出展企業から出席票を入手するか、金融機関関係者であれば名刺を受付で提出することで参加可能です。

セミナー参加も含めて全て無料ですが、平日開催、東京のみ、名刺提出必須ということを踏まえると、参加のハードルは高いです。

現に実際の参加者は「業務」として参加している方が多い印象でした。

(私も過去、システム企画部署の人間として、「業務」として参加しました)

ぜひ参加をおススメします

金融が前を向いていることを実感できるイベントです。また、金融実務周りのテクノロジーについて知ることで、日々の仕事の捉え方も変わります。(あれ?この業務、あの技術で改善出来るのでは?なんてこともしばしば)

繰り返しですが、必要なものは名刺だけ

入場無料です。

会社の名前を使って参加することになるので上司に一言断っておく必要はあると思いますが、参加できる環境にある金融機関関係者は、是非参加を検討してみてください!

FIT2018公式サイト

https://fit-tokyo.nikkin.co.jp/outline.html