NANJCOIN

NANJCOINとは?特徴・課題・将来性!スポーツを活性化する仮想通貨

当記は・・・
NANJCOINに興味を持った方が、より詳しくNANJのプロジェクト内容を知ることを目的にしています。

NANJCOINとは?特徴・課題・将来性!スポーツを活性化する仮想通貨

そもそもNANJCOINとは?

NEXT-GENERATION ATHLETE NETWORK JOINT

頭文字をとってNANJです!

NANJ経済圏を構築し、スポーツビジネスを活性化することを目指しています。

NANJCOINは「ファンとスポーツ業界関係者を繋ぐ次世代の経済圏を創り出す」というテーマのもと、スポーツに関連する分野での利用範囲を拡大しています。 2018~2019年中に、様々なスポーツ分野での決済手段や、選手やチームに対する新たな価値付加モデル(投げ銭等)を実現します。

(NANJCOINホームページより)

発行枚数300枚のイーサリアムトークンです。

匿名掲示板の「なんでも実況j板」、いわゆるなんjにて集まった有志により運営が開始されました。現在は法人化され、NANJ株式会社として活動しています。

公式サイト
https://nanjcoin.com/

ホワイトペーパー
https://nanjcoin.com/white_paper.pdf

公式ブログ
https://medium.com/nanjcoin/latest

公式Discord(コミュニティ) 
https://discord.gg/xhXRU3z

NANJCOINの歴史

2018年1月に誕生して以来、様々な話題を生んできました。

2018年1月18日、匿名掲示板にスレッドが建てられました。

「前々から色々と調べて仮想通貨「NANJ」作ったんやがwwwwwwwwwww」

このスレを建てたのが現在のNANJ株式会社代表取締役、通称イッチです。

完全にネタコインですが、ここに有能な有志(現在の運営陣)が集うことで現在のNANJに形を変えていきます。

その後、驚異のスピードでの取引所上場、SDK開発、ウォレット開発等、順調にプロジェクトを進めていき、「ネタコイン」の枠から有望国産コインへと立ち位置を移していきます。

eスポーツとのコラボ等、現実世界に入り込んだ企画も成功させており、着実に実績を積み重ねています。

NANJCOINの歴史については以下の記事で詳細にまとめてますので、是非ご覧ください。

【2018年版】NANJCOINの歴史・価格推移~1年を振り返る~【前編】気が付けば2018年も12月です。 当記事では、仮想通貨NANJCOINの誕生から現在に至るまでの1年を振り返ります。 既に...
【2018年版】NANJCOINの歴史・価格推移~1年を振り返る~【後編】前回記事に続いて、NANJCOINの1年を振り返ります。 【まずはこちら】前編↓ https://bonbankblog.c...

 

 

NANJCOINの将来性!ここに期待!

スポーツの持つ無限の可能性

NANJCOINはあるようで無かった、スポーツに特化した仮想通貨です。

「スポーツに特化する」というのは、いくつかのメリットがあります。

メリット①競合がいない

仮想通貨といえば「送金速度が速い」「スマートコントラクト搭載」「クリエイター支援」など、それぞれにアピールポイントがあります。

仮想通貨は数千のプロジェクトが乱立している状況なので、アピールポイントが被るプロジェクトも多く、互いに競合しているのが現状です。

NANJの場合、「スポーツ支援」が売りのプロジェクトですが、スポーツ支援をコンセプトにした仮想通貨は意外にも少ないです。

特に国内には競合プロジェクトが無く、NANJは国内の「スポーツ×仮想通貨」をリードする存在であると言えます。

メリット②スポーツはまだまだ未成熟市場

オリンピックの歴史が古代ギリシアへ遡るように、スポーツの歴史は長いです。

しかしながら、スポーツビジネス市場においては決して成熟した市場とは言えません。

一部のメジャースポーツを除き、プロスポーツ選手であってもスポーツだけでは生計を立てられないのが現実です。

また、プロ野球などのメジャースポーツにおいても、グッズ販売や入場料などでしかマネタイズできていません。

ビジネス市場としては不完全なスポーツ業界なので、あらたな経済圏を構築するにはうってつけと言えます。

未成熟な市場に開拓者として乗り込んでいける、大きなメリットと言えるでしょう。

 

強力なコミュニティとSDK

NANJCOINが短期間で SDKを完成させたことは有名ですが、 SDKが意味を持つのはまさにこれからです。

 そもそもSDKとは・・

ソフトウェア開発キット(ソフトウェアかいはつキット、英語: Software Development Kit、SDK)は一般に、特定のソフトウェアパッケージ、ソフトウェアフレームワーク、ハードウェアプラットフォーム、コンピュータシステム、ゲーム機、オペレーティングシステムなどのためのアプリケーションを作成するためにソフトウェア技術者が使用する開発ツールのセットを意味する。

(ウィキペディアより)

【NANJCOIN】いまさら聞けない!?NANJ SDKって何?スポーツに特化した仮想通貨プロジェクトNANJCOIN。 草コインに関心がある場合は保有している方も多いのではないでしょうか。 ...

つまり、 SDKをリリースすることで、企業や個人がNANJを組み込んだアプリなどを開発しやすくなるのです。

これまではNANJ運営陣の内部のみで行われていた開発が、ホルダーを含む外部で可能になります。

NANJ経済圏の構築に向けて、 SDKのリリースで猛烈にスピードアップが期待できます。

特にNANJには強力なコミュニティが存在しますので、コミュニティの中からも面白いサービスが生まれることでしょう。楽しみです。

※NANJの将来性についてはこちらの記事でも考察しています。

NANJCOIN(nanjコイン)の今後・将来性に期待する5つの理由NANJCOINはスポーツに特化した仮想通貨です。 過去記事では、NANJとは?という観点からNANJCOINの歴史や強みを紹介し...

NANJCOINの課題・不安材料は?

大手による新規参入

現在、NANJCOINは「スポーツ×仮想通貨」の中心にいると言えるでしょう。

確固たる地位を築きつつありますので、後続の仮想通貨プロジェクトを恐れることはないと思っていますが、怖いのは既にスポーツ業界に君臨する大手です。

例えば、大手スポーツ用品メーカーのMizunoが仮想通貨を発行すれば、NANJCOINの強大なライバルになるでしょう。

現実問題として、横浜DeNAベイスターズが仮想通貨導入を検討するなどのニュースが囁かれたこともありました。

また、昨今eスポーツは各方面から注目を集めており、企業の参入のニュースが途切れません。

これだけの盛り上がりを見せている業界にいち早く目を付けたNANJはさすがだと言えますが、これからの大手の参入は覚悟する必要があるかもしれません。(大手が参入して業界が盛り上がるのは、むしろNANJにとってメリットとも言えますが)

NANJの不安要素についてはこちらの記事でも考察しています。

【よく読まれてます】NANJの不安要素について

【NANJCOINの終焉】NANJがオワコン化する未来を想像してみた・・・突然ですが、私はNANJCOINが大好きです。 そのビジョンに共感し、NANJCOINのオープン戦(1sat上場)前から応援し、現在ま...

NANJはどうなるか(将来像)

 

2019年1月現在、先行きは極めて不透明です。

現在仮想通貨市場のルールは金融庁や自主規制団体を中心に整備されている状況であり、その方針が見えない中ではNANJCOINも思い切った動きが出せない状況にあります。

まずは日本での普及を目指すNANJCOINにとって、国内取引所への上場は必須要件であり、NANJ運営陣も国内上場は最低限の目標として掲げています。

業界の動向を無視して国内取引所上場の可能性が潰えることは避ける必要がありますので、NANJの動きもおとなしくならざるを得ません。

そんな地合いの中ですが、NANJCOINは「利用」の環境整備を最優先に掲げています。

「利用」される通貨となることで国内にNANJ経済圏を構築する計画です。

※NANJ経済圏についてはこちらの記事で解説しています。

【NANJCOIN×トークンエコノミー】NANJ経済圏が面白い!NANJCOINはスポーツをターゲットにした仮想通貨です。 NANJ経済圏を構築するトークンエコノミープロジェクトでもあります。 ...

 

今は落ち着いて見えるNANJプロジェクトですが、その構想は間違いなくスポーツを盛り上げ、スポーツビジネスをさらに拡大していくものになると確信しています。

2021年の話にはなりますが、ロードマップの後半では「全分野のスポーツでの導入」を掲げています。これが実現される頃にはNANJCOINは世界的な仮想通貨になっているでしょう。

 

楽しみです。