ビジネスネタ

ノルマ達成の方法(コツ)・目標は細分化せよ!

サラリーマン、特に営業マンにとって、ノルマは常にのしかかってくるものです。

今期は達成できても、来期にはさらに重い数字が張られるなんてことも・・・

当記事では、そんなノルマに苦しむノルマ達成の方法・コツを紹介します。

サラリーマン、営業マンに限らず、「目標」を持つすべての人の役に立つ方法をお伝えします!

 

・ノルマ(目標)達成のためには、「できる」と思うことが最低条件
・「できる」と思えるためには、ノルマ(目標)を細分化する

 

そのノルマ(目標)は達成できる・・?

あなたが抱えるそのノルマ、達成できそうですか?

さすがにこの数字は無理かも・・・

と、あきらめが頭をよぎってしまっている場合、そのノルマを達成できる可能性は極めて低いです。

ノルマ(目標)達成のための最低条件は「できる」と思えることです。

 

ワールドカップ出場を目標にしているチームが、ワールドカップで優勝することはありません。優勝できるチームは、「優勝」だけを目標としています。

目標を超える結果が残ることは、よほどの偶然が重ならない限りありません。

これは仕事においても同じなのです。

「年間1,000件の契約を取ってこい!」というノルマがあったとして、そのノルマを達成できるのは本気で1,000件以上の契約を目指している者だけです。

心の中であきらめがよぎり、「不可能」と思ってしまった瞬間、そのノルマを達成できる可能性は限りなく0に近くなります。

つまり、大きなノルマ(目標)を達成するために必要となる最低条件は、「できる」と思うことです。

しかしながら、普通の人には大きなノルマ(目標)を目の前に本気で「できる」と思うことは簡単ではありません。

そこで、ポイントとなるのが、ノルマ(目標)を細分化することです。

 

ノルマ(目標)を細分化せよ

「できる」と思うことためには、ノルマ(目標)を細分化することが重要です。

年間1,000件という大きなノルマが存在すると仮定しましょう。

1,000という数字が大きすぎて、不可能に見えてしまうのなら数字を小さくすれば良いのです。

年間1000件なら、月換算すれば100件弱です。日単位に換算すれば、1日3件~4件です。

これをさらに朝・昼・晩に換算すれば、それぞれ1件ずつで達成できる計算になります。

当然と言えば当然なのですが、目標は時間軸を短くすれば小さくなります

ここをうまく使うのです。

「1年でブログ記事を1,000件書きなさい」と言われると、「無理かも・・」って思いませんか?

一方で、「朝・昼・晩それぞれにブログ記事を1記事書いてください」であれば、少しできる気がしてきませんか?

結果としては同じ大きなノルマ(目標)であっても、時間軸を短くすることで、目標数値が小さくなるので、その目標に向けて行動する自分をイメージしやすくなります

大きなノルマ(目標)に心が折れかけている方は、是非その目標を細分化してみてください!

 

まとめ

・ノルマ(目標)達成のためには、「できる」と思うことが最低条件

・「できる」と思えるためには、ノルマ(目標)を細分化する

 

ワールドカップ優勝チームも、甲子園優勝校も、エース営業マンも、大きなノルマ(目標)を常に見据えている一方、日々着実に毎日の目標もクリアしているのです。

大きな目標を細分化して、ノルマ(目標)達成を目指しましょう!

細分化しても不可能なノルマ(目標)はそもそも目標として破綻してます。それが会社から与えられているなら、そんな会社は逃げだしましょう・・・