SKILLCOIN

【SKILLCOINの将来性】スキルコインは時代に合致したプロジェクト

SKILLCOIN(スキルコイン)は人材市場にブロックチェーン技術を導入する仮想通貨プロジェクトです。

調べれば調べるほど、時代のニーズに合致した有望なプロジェクトであることが分かります。

 

当記事では、SKILLCOIN(スキルコイン)が人材市場にもたらすメリットについてご紹介し、SKILLCOIN(スキルコイン)の将来性を紐解きます。

 

【SKILLCOINの将来性】スキルコインは時代に合致したプロジェクト

SKILLCOIN(スキルコイン)のメリット

SKILLCOIN(スキルコイン)を導入することにより以下のようなメリットが生まれます。

・雇用のミスマッチ防止
→経歴を客観的に証明

・仲介手数料の削減
→採用コストの削減

・給料改善
→能力に応じた適切な評価

※プロジェクト詳細はこちらの記事へ

SKILLCOIN(スキルコイン)の特徴・課題・将来性!人材市場の国産仮想通貨!国産仮想通貨SKILLCOIN(スキルコイン)について紹介します。 派手さがなく、値動きも小さい仮想通貨ではありますが、「...

 

このような特徴は働き方改革が叫ばれる今の時代に非常にマッチしています。

 

働き方改革とSKILLCOIN(スキルコイン)の関連性

昨今、世の中で注目を集めている「副業」や「フリーランス」といった働き方とSKILLCOIN(スキルコイン)の相性は抜群です。

 

副業やフリーランスにおいては、いわゆる「正社員」のような雇用契約を結ぶことは稀です。

日雇い労働のような雇用形態や、プロジェクト単位で仕事を受注することが増えていきます。

 

これらは頻繁に雇用契約が結ばれることとなりますが、その都度面接をしますか?履歴書を書きますか?

 

毎回面接、履歴書が必要となると、求職者の負担は大きく、採用側も採用コストばかりがかかってしまいます。

 

一方で、ここにSKILLCOIN(スキルコイン)が導入されることで、ブロックチェーンによる客観的なスキルの証明が可能になりますので、無駄な面接や履歴書を排除することが出来ます。

 

SKILLCOIN(スキルコイン)は今後の社会に必須な仕組みと言えるのではないでしょうか。

 

そもそも、現在の日雇い労働は

・単純作業

・誰でも良い

・低賃金

などの特徴があります。

 

これは、能力が必要な仕事は面接などが必要であることから採用コストが高く、日雇いで高度な労働者を採用することは実質不可能な背景があります。

 

SKILLCOIN(スキルコイン)による経歴の証明が可能になれば、コンサルティングやエンジニア等、スキルや経験が求められる職種も手軽にマッチング出来るようになります。

 

SKILLCOIN(スキルコイン)の普及は高度な業務の働き方改革を急速に加速させるはずです。

是非、行政とも接触していただき、官民協働で人材市場に変革を巻き起こしていただきたいですね。