仮想通貨ネタ

トークンエコノミーのメリットを簡単に解説!仮想通貨で話題!

仮想通貨は「投機」的な視点で注目を浴びていましたが、今後仮想通貨市場が拡大するためには「実需」を伴う盛り上がりが必須です。

「実需」を踏まえて仮想通貨の将来を考える際、必ず話題に上がるのがトークンエコノミー

当記事では、トークンエコノミーのメリットを解説し、仮想通貨の未来について考えます。

 

そもそもトークンエコノミーとは?

トークンエコノミーとは、トークンによって価値交換が可能である経済を指します。

真逆の概念が貨幣経済です。貨幣経済では法定通貨(円やドル)が価値交換の中心です。

 

もう少し簡単に・・・

今、何か物を購入しようとするとき、日本国内なら「日本円」を使用して購入しますよね?
また、価値あるものには日本円で値段が設定されています。
これが「円」によって価値が媒介される貨幣経済です。

トークンエコノミーでは、円やドルなどの法定通貨を前提としません。
各コミュニティに応じた「トークン」が発行され、トークンによって価値の交換が行われます

なお、「トークン=仮想通貨」というわけではありません。

仮想通貨とは、一般的に独自のブロックチェーン技術で利用される通貨を指します。

一方で、トークンとは、プラットフォーム型と呼ばれる仮想通貨のブロックチェーン上に発行された通貨を指すことが一般的です。
つまり、トークンにおいては独自のブロックチェーンではなく、既存のブロックチェーンを借りている形ですね。

<例>
仮想通貨・・ビットコイン、イーサリアム、ネム等
トークン・・NANJCOIN(イーサリアム上で発行)、zaifトークン(ネム上で発行)

なお、独自の経済圏において通貨の代わりとして発行されていればトークンとみなす考え方もあり、その場合は楽天ポイントやTポイントなども一種のトークンであると言えます。

 

トークンエコノミーのメリット

新たな価値の具体化が可能に

個人の信用

トークンエコノミーにおいては、個人の信用創造が可能になると言われています。

トークンは個人であっても発行できるので、個人の発行したトークンに価値がつくことでその人の信用が目に見える形で作られるわけです。

トークンを発行することで、自分の信用度に応じて資金調達が可能になるので、これまでの銀行中心の経済と比べても高速で経済が回っていくことになります

「現代の魔法使い」落合陽一氏も、著書の中で以下のように記述してます。

トークンエコノミーが広がると、あらゆる人や物が信用創造することができるようになります。これまでの世界では、信用創造を担う中心は銀行でした。銀行が預金を集め、そのお金を企業や個人に貸し出していくことで、経済がまわっていました。しかしこれからの世界では、銀行に頼らなくても、我々は高速に信用創造をすることができます。

(落合陽一「日本再興戦略」幻冬社)

実際に、「VALU」や「タイムバンク」のように、「個人」に値段をつけるサービスは誕生しており、これも「個人」という経済圏のトークンエコノミーと言えるでしょう。

アート・スキル・アイデア・時間等

これまで、「価値がある」と考えられてはいたものの、なかなか「値段」がつけられないものはたくさんあります。

アート、スキル、アイデア、時間などはその代表例ですね。

トークンエコノミーでは、アートやスキルに対してトークンを発行することで、これらに価値を創造することができます。

新しい価値を創造するので、経済が拡大するのは明らかですよね。

NANJCOINのスポーツへの「投げ銭」についても、スポーツの感動に価値をもたらすという意味では、これと同義の価値の創造と言えるかもしれません。

 

同じ目的を持つもので効率的な経済圏を

トークンは、共通の目的をもったコミュニティの中で発行されることがほとんどです。
楽天ポイントは楽天サービスの中での流通、NANJCOINはスポーツ市場においての流通、
torueはTrueNewsアプリ内での流通、といった具合です。

企業単位、団体単位、時には個人単位で発行することが可能なので、目的に応じて経済圏を区切ることで、もっとも効率的に価値創造ができるのです。

 

ボーダーレスな経済圏

トークンエコノミーでは目的に応じて経済圏を区切ることで効率的に経済を回せることは先ほど記載した通りですが、一方で経済圏を統合することも可能です。

貨幣経済においては、どうしても「国境」という壁が存在します。

同じスポーツについての経済活動であっても、日本では「円」を、アメリカでは「ドル」を使う必要があるのです。

トークンエコノミーにおいては当然、このような国境は存在しません

スポーツというコミュニティの中でトークンが発行されれば、国籍を問わず誰でもそのトークンで価値の交換が可能になります。

国境を超えたボーダーレスな経済活動が可能になりますので、トークンエコノミーによって経済は活発化すると思われます。

 

トークンエコノミーと仮想通貨の未来

ここまでトークンエコノミーのメリットについて述べてきました。
このメリットを踏まえると、トークンエコノミーによって経済は活発になると考えられます。

トークンエコノミーによって経済が活性化するということは、トークンが使われる、ということです。

まさに「実需」の誕生ではないでしょうか。

仮想通貨によるトークンエコノミーが本格的に普及するためには、まずはルールの整備が先決ですが、トークンエコノミーの未来が楽しみですね。

※トークンエコノミーの事例についてはこちら

トークンエコノミーの事例を紹介!既に動き出してます。前回の記事で、トークンエコノミーのメリットについて解説しました。 前回記事はこちら 👇 https:/...