銀行について

【証券外務員/内部管理責任者】最短合格するための勉強方法

日本証券業協会により実施される証券外務員試験。

その中でもコンプライアンスについて問われる試験が「内管」と呼ばれる内部管理責任者試験です。

 

金融機関において、管理職には必須とされており、若手のうちに取得させられることも多いです。

 

一方でこの試験、業務上にも、転職活動にもほぼ役に立ちません。

昇給の要件になっているため、仕方なく受けるという方が大半の試験です。

スキル向上に繋がらない以上、いかに労力をかけず効率的に合格できるかが鍵となります。

 

当記事では、筆者も実践した効率的な勉強方法をご紹介します。

 

勉強時間は5~10時間程度で十分です。

効率的に勉強しましょう!

 

【証券外務員/内部管理責任者】最短合格するための勉強方法

内部管理責任者試験 最短合格のポイント

・合格率は90%の試験
・勉強時間は5~10時間が目安
・問題集での勉強がコツ

 

詳細は以下で解説します

 

内部管理責任者試験の合格率は90%

内部管理責任者試験の合格率は80%~90%と言われています。(公式な数値は発表されていませんが、多くの金融機関で8割以上は合格しているようです。)

 

合格率が高い理由は、受験資格を見ると理解出来ます。

 

〈内部管理責任者試験 受験資格〉
・受験には証券外務員一種の保有が必要
・金融機関職員以外は受験不可

 

証券外務員一種を保有する金融機関の職員に受験が限定されているのです。

既に知識がある人だけが受験対象者となるので、合格率は高めになるのですね。

 

なお、試験で問われる内容は以下の通りです。

■内部管理・法令遵守に関する基本的知識

■金融商品取引法及び関係法令

■協会定款・諸規則

■取引所定款・諸規則

■社内管理規定

内部管理責任者資格試験受験概要より)

 

コンプライアンスに関する設問が中心となり、金融機関職員にとっては常識とも言える内容と言えるのではないでしょうか。

 

試験形式も○×の2択問題が25問、4択問題が25問とシンプルな出題です。

このうち7割を取ることが出来れば合格なので、真面目に準備すれば落ちることは無いでしょう。

 

ただ、油断は禁物です。

法令知識など、暗記物が問われることもありますので、ポイントを押さえて勉強することが重要です。

 

5時間の勉強で内部管理責任者試験は合格可能

先述の通り、内部管理責任者試験の受験者は既に知識がありますので、5~10時間での合格が可能です。

 

なお、新入社員などの若手社員はもう少し時間がかかる可能性があります。

 

内部管理責任者試験の内容は金融機関職員にとっては常識とも言える出題が多いのですが、まだその常識を身につけていない新入社員は1から暗記する努力が必要になります。

 

とはいえ、新入社員は証券外務員一種の合格からまだ時間が経っていないはずですので、その面では有利です。

内部管理責任者試験と証券外務員試験は内容の重複も多いので、重複している分野は確実に得点源にしましょう。

 

いずれにしても、ポイントさえ押さえて勉強すれば合格は可能です。

効率的に合格しましょう。

 

内部管理責任者試験 勉強のコツ

内部管理責任者試験の合格に向けた勉強のコツはひとつです。

 

問題集を1冊決めて、解きましょう。

 

内部管理責任者試験の出題のバリエーションは多くなく、毎回似たような問題が出題されますので、問題集を1冊分練習しておけば問題なしです。

資格試験の勉強と言えば、問題集や過去問を何周もするというのが定番ですが、内部管理責任者試験では1周やれば十分です。

 

1冊分を解き、間違えた問題だけを見直しましょう。

 

ここまでやれば十分合格圏内です。

 

問題集1冊と聞くと重く聞こえる方もいるかもしれませんが、その内容は○×問題と4択問題です。

5~10時間もあれば解き切れるはずですので、短期集中で仕上げてしまいましょう。

 

また、余裕があればPCでの模擬テストを実施することをおすすめします。(大半の問題集にCD-ROMやアプリがついています)

内部管理責任者試験は証券外務員試験と同様、CBT試験ですので、PC画面上で解答することになります。

当日、PC操作に戸惑わないためにも事前に練習しておくのが良いでしょう。

 

内部管理責任者試験 勉強方法まとめ

 

・合格率は90%の金融機関の常識が問われる試験

・勉強時間は5~10時間が目安。

・問題集を一冊用意。

・問題集を一周解こう。

・CBT試験の練習はしておこう。

 

筆者自身もこの勉強方法で合格しています。

その後、後輩にもこの勉強法を伝え、後輩もしっかりと合格出来ています。

試験問題の運や、受験生の能力による部分ももちろんありますが、当記事をご参考に内部管理責任者試験の合格を勝ち取っていただければ嬉しいです。